FC2ブログ

番組のお知らせ

写真提供番組再放送のお知らせ
先日お知らせしましたが放送日変更になりました。
以下となります。
なお本日と後日の二回放送されます。
急でごめんなさい。


以前ニホンノウサギの写真を使って頂いた番組があり、それが好評だったそうで再放送されます。
長野局地域限定ですが。。

BS プレミアム
にっぽん百名山「長野・美ヶ原~春きらめく高原へ~」の再放送

長野局の放送予定:

NHK総合 番組名:知るしん

副題:にっぽん百名山「長野・美ヶ原~春きらめく高原へ~」
本日2020/4/3(金)総合・19:30~19:55
<長野県域>

*再再放送予定:
2020/4/7(火)総合・11:05~
<長野県域>

141224_010352_04b.jpg

桜の群衆

うちの前に桜の木があって更新もしてないからちょっとスマホで撮ってみた。
なんか桜の花がここだけ群衆になってる雰囲気があって面白い。
でも群衆は自粛を、、って関係ないか(笑)
あー、コロナはどうなる⁉️

桜はまだ五分咲きくらい。
20200402183007aa6.jpg

ミラクル合格❗

一流ではないですが、長男大学合格した‼️
秋田県立大学 生物環境学科定員7人、16倍の難関。

専門学校の学生証まで作ってのまさかの大学合格発表(笑)

長男は元妻関係家族といるんだが、合否結果出る前に専門学校に決めてたって?どんたけ~!笑

オレやったら受験する前から大学近くのアパート契約するタイプかも?
↑それもそれやなぁ(爆
20200324203453116.jpg

昨年撮った桜🌸

再び虹

以前もアップしましたがしつこく虹を。。

20200311_160553__02.jpg

春近し

ちょっと疲れが出て、これはやばいなと一旦撮影もアップも休止していた。
さらに昨日は親父の一周忌。
これを終えてようやく体と心も落ち着いてきた感じで、焦らずにまた動き出そうかと。

別のコラムの仕事ありであまり公開できないので1枚だけ(^^;

20200315_113651__01.jpg
田植えに備えて畔の手入れに忙しい

イノシシ亡骸に珍客

ずっと自動無人撮影のロボットカメラ「Mr.Robot」で取材してますが、
思わぬものが写りました(笑)

20200301_150102__01.jpg
イノシシの亡骸、自然界の掃除屋さんが綺麗に片付けるはず。。


20200305_140104_.jpg
雪が降り骨が雪の下になった頃わんこがやってきました。
「なんか匂うな!」って感じ。

20200305_140106_.jpg
「なんか怪しい、雪の中になんかあるぞ!」


20200305_140128_.jpg
さんざん雪の中に顔を突っ込んんだようで、もはや疑惑が確信になったワンちゃん。
自慢げにご主人様に訴えて報告します。
「すごいもの見つけたで!!」


20200305_140133_.jpg
そのあとはもう興奮が収まらずに、ひっくり返って背中を擦り付けてもう大変なご様子。
犬の臭覚は人間の数千倍とかでしたっけ。
雪の中の骨もしっかりわかるようで、野生の血が騒ぐ状況となったのでしょう。
今回はこのワンちゃんだけを取り上げてみました。

復活の日

不思議なもので今年1月半ばまで写真に何の意味も見いだせなかった。ただスマホでSNSのネタ撮りできれば満足だった。

しかし、その1月半ばにイノシシの亡骸に出会うきっかけがあった。
実は少年期体験から生死に関して感性が激しく動く人間になったと思う。多分特異な感性と思う。この刺激が無かったら一生本格的な写真とは縁は切れたはずで、骨との出会いは偶然でなく必然だと思う。
それに、頼みの綱のMr.Robotは濁流に流されたり紛失していたりで、撮影手段も無かった。他の機材も売り飛ばしてほとんど無かったのだから写真の世界は捨てていた。
しかし、自分を動かしたのはイノシシの亡骸だった。あの状況で写真に復帰することは無い状況だったが、そんな自分を動かしたのはイノシシの骨となった姿だった。
これだって思いましたね。これ撮らないと自分の存在すら否定すると感じたから。だから必然だったんでしょうね。
行動は早かったし、全て思い描いた通りに撮れたのも奇跡だと思う。
Mr.Robotの残骸を山から拾い集めて使える部材を再生利用し、重要機材は全て中古で揃えて2週間でMr.Robotは復活した。
そこから天候見ながら150km先の山中にふぃーるどスタジオを作った。それからたった数日で目指す写真は撮れた。
全ては必然だと思うが、それは細かな奇跡の集合体の出来事だと感じる。

自分が動けば周りも動く。ウェブ連載も再開させて頂けたが、Mr.Robotの写真を使った番組の再放送の連絡も入った。
自分の人生は写真から外れた場所にはろくなモノは存在しないのだと認識したわけでした。

写真↓
骨確認後の現場。現地住民のアシスタント協力もあり、ここをふぃーるどスタジオ化にする為の行動はめちゃくちゃ早かった。

20200308223023084.jpg

テレビ番組のお知らせ

写真提供番組再放送のお知らせ😊

ニホンノウサギの写真を使って頂いたBSプレミアムの番組が、好評のため総合チャンネルで再放送されます。
長野局地域限定ですが。。

BS プレミアム
にっぽん百名山「長野・美ヶ原~春きらめく高原へ~」の再放送

長野局の放送予定:

NHK総合 番組名:知るしん

副題:にっぽん百名山「長野・美ヶ原~春きらめく高原へ~」
2020/4/10(金)総合・19:30~19:55
<長野県域>

*再再放送予定:
2020/4/14(火)総合・11:05~
<長野県域>
日が近くなればまたお知らせをここで流します。

141224_010352_04b.jpg
先日もこのブログでアップした画像です。

滝に架かる虹 2

今日はちゃんと作品に仕上げました。
(昨日は雑でした(;^_^A)

20200306_163339_pse_01.jpg

滝に架かる虹

無人で自動で撮れるロボットカメラを自作して山中に設置して野生動物を撮影しています。
しかし、最低でも週1~2回電源交換などのメンテナンスが必要で山中に向かいます。その側に滝があるのですが、
ちょうど日没前の強い斜光線が滝に射し込み美しい虹が出来ていました。

20200306_155746_.jpg
刻々と光線状態が変化してましたが、撮り出しの頃はちょうどダイレクトに強い光が当たっており、
自分の立ち位置によって虹の場所が変わるので、一番きれいに見える場所から撮ってみた。
光と影の部分を虹の境界で2分したことが結果的には虹が際立った。

20200306_160304_.jpg
滝らしい力強さと美しさをコラボさせた。

時間とともに太陽も山陰に向かうと共に滝に出来る影も強くなってちょっと様子も変わってきたが、
それでも終始虹が見られて興奮した。
次回は後半に撮った虹をアップします。

ところでメンテはどうなった?(笑)
とりあえず電源交換と画像確認も一応しました。
ちょっと面白いものも写っていたのでそれはまたいずれアップします。

Making Picture

ロボットカメラによる無人自動撮影をしていると、それだけで神経集中させ過ぎてしまい、他の季節感あるものや風景などの撮影がおろそかになります。
ホントはそれではだめで、同時進行で撮らねばならないのですが(汗

で、前回の記事の写真の誕生秘話でもないですが、
どんなことやって撮っているかを紹介します。
あまり公開はしないのですが、幸いブログ訪問者さんが少ないのでいいでしょう。

いや、訪問者増やす努力のほうが大事な気もしますが(笑)

_5300132_00001n2_02b.jpg
動物が来たら反応するセンサーを使いシャッターを切りますが、センサーはピンポイントで設定します。
でその確認が動物代わりに自分がなります。
センサーはピンポイントなので手を伸ばして確認します。
どうぶつは動いてているので、それも想定して動物が写ってほしい場所にセンサーをセッティングします。

で、これが出来た前回の写真です↓
_5300143_00001n2のコピー_00001n2
リアルに亡骸に食いつく写真も自然界のナガレを表現できますが、
こういう写真のほうがいかにも無駄のない自然界やいのちのめぐりを想像して実感できるのではないでしょうか。


_7101335_00001n2のコピー
里山は人と生き物たちの境界線、それぞれに協調共存していきたいものです。

自然界の掃除屋

イノシシの亡骸を発見以来撮影をしてるんですが、
行くたびに骨に残された肉が食べられています。
誰に食べられているのか!!

とある日の夜間に2回タヌキがやって来ました。
一晩に2回は偶然ではなさそうで、彼が確信犯かも。
この骨には背骨に油と、足の先に肉が残った状態で足の肉はかじられてます。
背中の油をしゃぶりに来たのか?わずかに残った肉を頂いた帰り際か?

かわいいタヌキもこの時ばかりは悪役というか野性味をを醸し出してます。

撮影は継続中です。
ロボットカメラの性格上、ストロボに反応して去っていく動物がほとんどですが、
もう少しいいショットが取れないか、試行錯誤です。

_5300143.jpg

大好きなウサギ

ウナギじゃないですよ(笑)

ウサギの写真ですが、昨年春にTV番組で使っていただきました。
もう6年も前の写真ですがMr.Robotはこんないい仕事をしてくれます。
141224_010352_04b.jpg

今もロボットは山中で、休まずに働いてます。
ちょっと勝負駆けた写真ですが、放置状態のロボットカメラのメンテナンスに忙しくて過労気味(笑)
今日はたっぷり休んで明日に備えねば。

ウサギの足跡に癒されるのは何故でしょう?
(そんなん知るか!って言われそう、、)
IMG_20190101_095224_copy_600x843.jpg

暖冬の里山

今年は例年にない暖冬で、地面も沢の水も温度が高い。
しかし高い山はもちろん雪に覆われてますがね。

たまに冷え込むと地面から湯気が、、
決して温泉街ではなく、ただの里山の光景です。
20200225222104449.jpg


202002252225065dd.jpg

Mr.Robot設置

2週間かけて工房にて第4号機のMr.Robotのシステムを構築し、4時間以上かけて設置した。
フィールドスタジオが完成!
さてテスト撮影まではOK出したのだが、、
後は動物との勝負。
20200224154219af4.jpg

ご訪問ありがとう!

My Name

マスター

Author:マスター
WildLife Photographer
ライチョウから里山のいきもののリアルな生き様を追及してます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

BE-PALでは私の特集記事が出ております。

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ