カモシカ谷といきものがたり

カモシカ谷といきものがたり

金沢発!いのちの躍動を求めて!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

イノシシ谷尾根散策②

前回の続き、、

150228_101649のコピー
尾根上でも「クマ注意」看板
昨年、この尾根の谷でクマ写ってますから納得です!


150228_103840のコピー
尾根から谷に向かってスキーの跡のごとく走り下る足跡(カモシカかイノシシと思うが。。)

150228_111436のコピー
これはハンコのように完全なイノシシの足跡。
後ろの小さな福蹄もはっきり確認できます。
カモシカの場合、前の蹄のみでそれもY字の角度に開いている。
わかるかな!
スポンサーサイト
テーマ : 動物の写真    ジャンル : 写真
 
 

イノシシ谷尾根散策 その①

先日、最初にイノシシ谷を教えてくれた友人と
その尾根を歩いてみました。
尾根から見下ろすことで新たな発見も多々あったのですが、
私が驚いたのは彼の達人ぶりでした(笑)
150228_093430_01.jpg
イノシシ谷の「Mr.Robotふぃーるどすたじお」は、この写真のセンター付近です。


150228_090851.jpg
雪のために幹が折れてしまった木を見つけると、、、

150228_091041.jpg
折れた部分を有効活用で切り出します!
不要な枝も切り落とします。

150228_091209.jpg
さて何ができるのでしょう??

150228_092421_2.jpg
ここからさらに小枝や葉を削り落とします。
切り出しからわずかの時間で非常に手際いいのが驚き!!

150228_092001.jpg
この木の枝は柔らかいようで、簡単に丸められるようです。
これが何かわかる人は釣りの達人かもしれません(笑)

さすがにまだ完成ではないようですが、
これを持ち帰り、さらに皮を剥いで形を安定させて時間をかけながら作り込んでいき、
完成した枠に網をつけると釣りのタモが完成するようです。

ちなみに友人のブログのページをリンク↓
http://blogs.yahoo.co.jp/urotasoniko/34645198.html
本件とは別の過去記事ですが、
イメージだけでも伝わるのでは、、
まさに達人です!

テーマ : スナップ写真    ジャンル : 写真
 
 

シリーズ 噂の現場 x ライチョウ愛情ものがたり

先日のカモシカ谷伐採は埋めたてとは無関係の間伐でした。

20121008_104416.jpg
間伐により森に日が射し、新旧交代新たないのちが育つ。

20121008_105004.jpg
直径1m以上、樹齢200-300年にもなり、古くからこの谷を知る主。
それも世代交代の時ということ。

実はこの伐採丸太は、本日カモシカ谷からのお持ち帰り(^^)
20121008_221740.jpg
年輪を数えると、これでも樹齢約100年!
それから見るとわずかながらのライチョウ撮影人生。
「これを台にするなど、おまえ100年早いわ!」と、杉の妖精がつぶやいたかどうかは。。

IMGbook.jpg
調子に乗って写真絵本向けの自身のサインを考案。
ちなみにコレ直筆で入れたので、本には印刷されてません(^_^;)

本日発売!
ライチョウ愛情物語 ~ぼく、負けないよ~
B5 32ページ 発行パレード 1260円 
(小学3年生以上対象 のつもり。。)

20121008_113618_01.jpg


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
よろしければ一日一回ポチッとお願いします!



テーマ : 自然の写真    ジャンル : 写真
 
 

シリーズ 噂の現場

工事が進むカモシカ谷の現在と以前の様子からそれぞれに考えようというシリーズ「噂の現場」

① では以前撮った土砂堆積ダム(今年6月撮影)
20120603_125021.jpg
これは冬にはありませんでした。


20120320_104004.jpg
この写真は以前公開した冬季カモシカの通り道。
いつも踏みつけられた事が倒木の様子からわかります。
この写真の左上から向こうの景色が見えます。(今年3月)
その左上に土砂が堆積されてダムのようにバリケード壁が出来ました(今年4月から工事~)

では、もう一度振り返り今度は昨年6月の様子。
伐採と土砂堆積工事がなかった時。↓


110615_760.jpg
① ②枚目の写真の上部奥から今度はこちら側にカメラを向けた写真↑
もちろん当時は土砂の堆積工事はないので草木が茂り、カモシカの憩いの場所でした。
雑木林なので奥のカモシカ渓谷部は暗くなって見えない状況。
そういう環境でした。
ここを埋め立てて土砂ダムが完成。写真①


20120415_083046.jpg
これは今年4月
ちょうど写真③のぐるっと左側です。
奥は休耕田ですが、手前は土砂堆積のために基礎工事をしています。
この時点で右側は全て伐採済み。

では現在のこの場所の様子を写真④の左奥から写真の右側に向けました。

20120716_070444.jpg
かつてのカモシカの憩いの場は土砂が堆積されてその土砂が崩れないようにダムが出来たわけ。
ちょうどショベルカーの土砂の下が憩いの場でした。
休耕田は湧き水等があり湿地だったので、埋め立てた事でちいさな池となってます。
写真①の土砂崩れ防止のダムは、ショベルカーの左、ずっと下という位置関係です。
カモシカはこれまで、写真左奥下部の溪谷部から憩いの場を経て右へと移動してこの付近一帯をぐるっと広範囲に徘徊しており、今も同様に行動していると思われます。
工事個所は埋め立て場のへりにあたるため埋め立て場所内の連結道路ではないかとの個人的憶測です。
実質的な埋め立て場は写真のずっと右側。


20120606_100858.jpg
写真⑤の後方の山から望遠で、現在の右側埋め立て場を見るとこコレ↑
写真右のフレーム外では写真⑤の土砂堆積の工事が行われていることになります。
この写真だと、その土砂堆積工事のさらに右下部がカモシカ渓谷となります。

こんな感じです。
記事が長すぎて、モリアオガエルの卵塊はまた今度。(とはいえ一枚だけ。。。)

カモシカの件があまりに多いので記事は期間限定で一部カットします。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
よろしければ一日一回ポチッとお願いします!

*追記
工事区域よりずっと広い面積をカモシカ一頭がなわばりにしています。
明らかに何頭もの個体のカモシカを撮影してますので、撮影エリアだけでもそれ相当の広いエリアとなります。
「カモシカ谷」は、撮影範囲外も含めたこの一帯の総称として表現させていただいています。
逆にRobotに関してはごく極めて狭いエリアで運用しています。
参考になればと追記します。


テーマ : その他    ジャンル : その他
 
 

シリーズ噂の現場 「カモシカ谷」①

わずか数カ月前のカモシカ谷の写真と現状を見ることで、「我々の生活と自然とのかかわり」を考えるきっかけになれば、、、

昨年9月のカモシカ谷最上部の丘の竹林で撮影20110923_164117.jpg
竹林は憩いの場でもあったようでちいさな沢の流れもあった。

噂の現場
20120606_100858.jpg
カモシカは写真上部左にわずかに見える竹林で撮影。
昨年は豊かな竹林だったが、今は数本の竹が見えるだけで壊滅状態。
画面外の写真右下にも丘があるがそこも壊滅状態。
その丘のさらに下がカモシカ谷。
足跡その他からわかるのは、カモシカ谷のカモシカはこの丘に上がり
工事の竹林を通過してさらに奥へと移動し、ぐるっと回りカモシカ谷に戻ってくる。
ただこれだけ進行していると歩き回るルート変更、生息場所そのものの変更も余儀なくされる恐れもある。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村ランキング このバナーポチッとお願い!




テーマ : その他    ジャンル : その他
 
 

Mr.Robot 狐巣穴へ

撮影機材の調達が上手くいかずイメージしたカットが撮れないので、
Mr.Robot はアカネズミから移動。
かなり大きな穴だが使用痕跡が低そう。
ただ、気になるので一応調査です。

20120603_122257.jpg
黒い穴は巣穴。穴自体はでかくて直径自体は私も何とか入れそうだが、
実は穴には木の根っこが横切っているため私やクマは入れそうもない。

気になるのは巣穴のさらに後方!

20120603_125021.jpg
カモシカ谷を分断するカベ(土砂ダム)が出来てしまった。
壁の向こうには運搬道路が出来るのでは、、、
冬季壁の向こうでは多くのけものの足跡が確認でき、こちらと向こう側への移動帯であった。
移動自体は壁の左右からでも可能だが、すでに向こう側は開発一直線。

20120527_133914.jpg
豊かなカモシカ谷よいつまでも、、、 と願うばかり。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村ランキング このバナーポチッとお願い!



テーマ : その他    ジャンル : その他
 
 

続編カモシカ谷

さて、お気に入りのカモシカ谷ですが、カモシカが現れなくても
やはりお気に入り!

20111127_093607.jpg
「入るな」というゲートを強行突破すればこのような感じの
谷へ向かう下り坂。

20111127_091528.jpg
ススキもくたびれ気味の晩秋から冬の季節。
逆光に最後の輝きを見せています。

20111127_091528aasas.jpg
よく見ると、ツマグロオオヨコバイ君がいました。
まだ健在な昆虫がいることに元気をもらいました(^^)
彼はラジオ体操中だとか、、、

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村ランキング このバナーポチッとお願い!




テーマ : その他    ジャンル : その他
 
 

カモシカ谷のその後

ふとしたきっかけでこの夏この場所を知り、カモシカ谷と命名しました。
しかしながらゴミの埋め立てという開発の手がが忍び寄り、、、

20111127_093702.jpg
谷に下る山道もすでに支配下に、、、
これをどかして入ることも可能ですが、私は車を降りて徒歩にてカモシカ谷に向かいましたが、
眼前には埋め立て場が広がります。
一日に何頭ものカモシカを観察したこともありましたが、
この日、ただの一頭も確認できませんでした。(私が見たのは9月が最後)
もはやこれまでか、、、

20111127_075559.jpg
沢にも向かいましたが、紅葉とのマッチングはないような場所でしたので一枚も撮らず・・・。
気分も修理車の試運転レベルの中、わずかな霜の葉を発見。
ささやかな安らぎを感じてとりあえずシューティング!
作品にはなりませんがね。

20111127_082921.jpg
このままでは気分良く帰れない(^_^;)ので、気合いのワンショット!
と言ってもこのレベル。
でもこの場所に行けて良かった。
子供のころからこのあたり一帯には縁があって、なんか好きなんです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村ランキング このバナーポチッとお願い!
テーマ : その他    ジャンル : その他
 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
蝶が舞うリースの時計
フリーエリア
BE-PALでは私の特集記事が出ております。
ご訪問ありがとう!
My Name

かもしか谷マスター

Author:かもしか谷マスター
WildLife Photographer
ライチョウから里山のいきもののリアルな生き様を追及してます。

#ウェルスアンバサダー資格保有

フリーエリア
ご感想やお仕事お待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。