カモシカ谷といきものがたり

カモシカ谷といきものがたり

金沢発!いのちの躍動を求めて!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

タヌキ君

今日の朝、車で走っていると交通事故に遭ったと思われるタヌキ君が道路わきに横たわっていた。
あー、かわいそう!
私は山間周辺地に暮らしているのだが、この辺は確かに野生動物が多い。
しかし、残念なことに夜間の交通事故のタヌキ君が非常に多いのである。
道路というのは動物たちの生活圏を寸断してしまうため、
どうしても動物が移動するには道路の横断が必要になるのだろう。
運転手の心がけで事故回避も可能な場合があるだろうが、
夜間、とっさに飛び出す動物を相手に事故回避できるかどうかは、
正直なところ私には自信がない。
でもである。
私が事故に遭ったタヌキ君を見るのは年に1~2回レベルではなく、
年に10匹以上は事故のタヌキ君を見てしまう様な気がする。
やはりこれは運転する側にも問題があるだろう。
ほんの少しの優しい気持ちがあったなら、少しでも野生動物たちを事故から守れるのではないだろうか。
そんなことを今日感じました。

100507_603_.jpg 
この写真のタヌキ君は今日出会ったのではありません。
昨年の5月、午後7時頃でした。
道路わきに1匹のタヌキ君を発見しました。
彼は動いていたので事故に遭ったとは思いませんでした。
車から降りてタヌキ君に近づいてもなぜか逃げないので、「人に慣れたタヌキ君だなあ」と思ったのですが、
よく見ると後ろ足に力が入らない様子で、おまけに鼻血らしきものが出ていました。
それでこのタヌキ君は事故に遭ったことを理解しました。
私は、ほっとおけば死んでしまうと思い、とにかく家に連れて帰りました。
多少動ける様子でしたが、時折けいれんを起こしている様子!
目立った外傷はないので、「すぐには死なないだろう」との思いから、夜が明けたら動物園か獣医に連れて行こうと考えていました。
しかし、夜11時頃だったでしょうか。
時折起こしていたけいれんが激しくなり心配もしていたところ、そして次第にそれが治まってきたかという頃、
彼の動きは完全に止まり、永遠の眠りに導かれて行きました。

私にとって彼と過ごしたのはたった数時間でした。
しかし、彼を救えなかった事を申し訳なく思うと共に、なんとも言えない悲しさを感じていました。
きっと彼の受けた事故の衝撃は相当なもので、
外傷はなくとも見えないところで相当なダメージを受けていたのだと思います。
翌朝の早朝、私は彼を森の中にそっと埋めてあげました。
「救えなくてごめん!」と手を合わせました。

ただこれは一つのエピソードですが、事故に遭うタヌキ君はあまりに多すぎます。
まず事故の回避です。
こんな悲しい悲劇を繰り返さないように・・・

※タヌキ君というのは小顔で、とってもかわいい動物です。
 写真のタヌキ君は事故のせいで非常におとなしく、まるでペットのようにも感じました。
 実際には野生動物ですから元気であればそういう状態ではないのでしょうが・・・
スポンサーサイト
テーマ : 動物の写真    ジャンル : 写真
 
 

今度は山間部集落をたずねて

今日は山間集落へ行ってみました。
里山をテーマにしていますが、里山と言ってもあまりにテーマが広いです。
何を表現して発表するかはまだ試行錯誤。
なにはともあれ気持ちの良い日でした。

道路脇から 
富山石川県境付近。日差しは春の訪れを期待させますが・・・

110220_4299__20110220232213.jpg 
牛首峠は冬季閉鎖。まだまだ春は遠いです。積雪は1mほど。

110220_4317_.jpg 
大海川源流、河口では秋に鮭が遡上します。

110220_4320_.jpg 
三毛猫が私を誘うのでこの集落を訪ねてみました。

110220_4323_.jpg 
まだまだ雪深く、この晴天で雪かきに精を出していました。
きっと、普段雪かきを出来る人がいないのでしょう。瓜生(うりう)集落。


110220_4315_.jpg 
いかにも山間集落的だと感じたのは看板でしょうか。
ブリキ広告はレトロですね。(河合谷集落)


テーマ : 季節の風景    ジャンル : 写真
 
 

いざ雪の雑木林へ

ようやくブログに慣れてきました。
さて、今週水曜日に雑木林に行きました。雑誌用の写真取材です。


夜明け 
朝はいいですね。凍てつく寒さなどよりもこんな光景に興奮するばかり。

朝 
白いキャンバスに描く影絵模様が良いが、これが夏になると単なる薮におおわれて歩くことも困難なんだろうと感じましたね。

足跡の交差点 
そんな林で、動物の足後で出来た交差点を発見。足跡の主は誰だろうと思いを馳せる楽しみがここにはある。

ウサギの足跡 
これはウサギの足跡。最近うさぎが激減しているらしいという話を聞くと寂しくなりますね。
うさぎは、前足で2歩進んで後ろ足でジャンプ!こういう歩行方法だからこのような足跡になるのです。


キツネ? 
これは何だろうなあ。キツネの足跡は一直線になるらしいので、これはキツネだろうか。
キツネは肩幅が狭いので足跡が直線になるというのです。
冬の里山、雑木林はいろいろ楽しめます。


 
 

未明から夜明けの雑木林にいのちを訪ねて

北斗七星
雑木林はまだ夜明け前。でもしばらくの後星たちは一つまた一つと帰って行った。
心なしか寂しくも感じるが、朝の気配が入れ替わりにあたりを塗り替える。

ところで一つの記事に複数の画像を出せるのかどうなのかがわからず・・・。
出来るとしてもその方法もわからないありさまです。
ブログに慣れるまで少々お時間をください。
これではリアルタイムにアップ出来てない~~~
 
 

ブログ開設のあいさつ

みなさまはじめまして。私の名前は「カモシカ」と申します。仕事で雑誌関連を少々こなしております。
各記事下の“コメント”の文字をクリックして一言コメントを書いていただければ
今後の取材撮影の励みになります。
今後ともよろしくおねがいします!


携帯からのアクセスも可能です。QRコードをお使いいただくか、
ブログのアドレス http://photosato.blog.fc2.com/ を携帯に直接入力する事で、
携帯画面でブログを表示できます

 
 

朝もや

里山の朝 
今年の日本海側はとても雪が多くて、住民にとってはつらいものでしょう。
しかし、カメラマンにとっては素晴らしい表現をさせていただけるチャンスです。
もっともこの光景には付近住民もつかの間の癒しとなった思います。
美しい里山。

 
<- 02 2011 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
蝶が舞うリースの時計
フリーエリア
BE-PALでは私の特集記事が出ております。
ご訪問ありがとう!
My Name

かもしか谷マスター

Author:かもしか谷マスター
WildLife Photographer
ライチョウから里山のいきもののリアルな生き様を追及してます。

#ウェルスアンバサダー資格保有

フリーエリア
ご感想やお仕事お待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。