カモシカ谷といきものがたり

カモシカ谷といきものがたり

金沢発!いのちの躍動を求めて!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

春の境内

境内に遊ぶこどもたちの写真から里山の原風景を垣間見てみました。

110327_4517_.jpg
久しぶりの降雪にまだまだ春は遠いのかと・・・
しかし、その空気感はしっかり春でした。

110327_4543_.jpg
私たちの子供の頃は境内が遊び場でした。
この光景に懐かしさを感じます。

110327_4522_.jpg
春の降雪に震え上がりそうな朝でしたが、朝もやとこの空気感は私の心に春風をもたらすかの様なさわやかさがあります。
スポンサーサイト
テーマ : 子供    ジャンル : 写真
 
 

原稿を書こう

6月の発売雑誌の原稿を書いています。
2つの記事の依頼で全部で6~7ページが私の担当になります。
ただ、ページ数が確定しないので、やや大変ですが、どうにでも対応できるように
原稿を考えました。
締め切りは4月初めなので後は写真を選ぶだけです。
それから今、小学生を対象にした写真絵本の出版を考えています。
これは10年も構想を練っているのでそろそろ実現したいところです。

110320_4500_.jpg 
雑誌の文章原稿の完成でホッと一息


テーマ : その他    ジャンル : その他
 
 

里山遊び

私が子供の頃は、遊びと言えば外が当たり前でした。
ただ土地柄冬場はコマ遊びや、メンコなどの室内の遊びも出てきましたが、
それでも、やはり外が楽しかったです。
雪遊びは暗くなるまでつきませんでしたし、凧上げも延々と楽しんだ思い出があります。
しかし、今ではどうでしょうか。
ゲームが主流となり外で遊ぶわんぱく坊主は見かけにくくなったのでは。
なんだか寂しいなあ。
もっともっと風を感じて自然と触れ合ってほしい。

110320_4498_.jpg
鎮守の森で遊ぶ子供たち

 
 

田園風景とレンゲ

今私が撮影取材対象にしているのは自宅周辺地域と奥能登方面です。
春のこの季節、田んぼのれんげを連想できる方はなかなかいないでしょう。
レンゲはもともと田んぼの肥しとして咲かせていたそうですが、
化学肥料が一般的になってからはレンゲも見かけなくなったようです。
ただ、最近は一部では化学肥料を見直す動きにもあります。

能登とレンゲ、何か情報をお持ちの方、ご教授いただけますでしょうか。
もちろん自分の足が基本ですね。

 
 

椎名誠

なんで里山ブログにライチョウ!!
疑問を感じる方もおありでしょう。

それはさておき、ニュースで動物園のスバールバルライチョウが1羽死んだと告げていた。
ストレスらしい。
話は飛躍するが動物園には里山の動物もいたりする。
やっぱりオリの中ではストレスでしょうね。
ただ動物園の必要性も私は認識しているつもり。

またまた話は飛び、
我が家の長男のニックネームは「ガク」
ガクと言えば作家 椎名誠さんの息子さんの名前も「ガク」漢字では岳と書く。
今度、高岡で椎名誠のトークショウがある。
抽選で60名だっけな。
無理かな~

 
 

里山のこころ

私は人から何度か「都会の人」といわれたことがありました。
私自身は、自分はアウトドアー人間で、とても都会人ではないと思ってましたし、
生まれてずっと自然とかかわってきてましたので、ある意味ショックではありました。

私の生れは農村地でも山間部でもありませんでしたが、
幼少のころの自宅周辺は田んぼに囲まれていました。
今から思えば自然の中でしたが、それでもある意味では街であったかもしれません。
今はそのあたりは完全に市街地となりました。
大人になり、自然を相手に写真を撮るようになり、アウトドアー気取りでいました。

だから最近になり“都会の人”と言われて、えっ!と思ったのでした。
でもしばらくしてようやく、その言葉の意味を自分なりに解釈してみました。(違う解釈かもしれません)

私は里山で何を表現したかったかというと、人に限らず様々に息づくその生活の営みの原点のはずだったのです。
しかし有名無名で判断し、観光地と見ていたのでした。
ようやくそのことに気が付くと、何か頭を殴られたように目が覚めました。
まさに私は「ただの都会の人」だったのでした。

今後、どんな写真を撮ることになるかは未知数ですが、
山村農村に向かうときは、地元の人々に敬意を抱きつつ撮らせていただこうと思うことにしました。
本当の里山を表現できるように・・・



110306_4484_.jpg
写真は10日ほど前撮影。
ローカル線の田園風景
 
 

地震

11日午後に発生した東北、関東を中心とした巨大地震とそれに伴っての大津波に遭われた方々は非常に辛い思いをされているかと思います。心からお見舞い申し上げます。
予想だにしなかった巨大地震に津波、また原発事故も合わさりたいへんなことになっています。
私には何も出来ないかもしれませんが、国民一丸となって復興に向かって行かなくてはいけないと思いました。
それにしてもTVの映像はショッキングなものでした。
被災された方々の気持ちにはとても及ばないかもしれませんが、私自身も力を落とすような思いいでした。

さて、そのような中私自身は里山下見調査、取材撮影を自粛いたしております。
とても自分一人気楽な里山散歩をしていては申し訳ない気持ちになります。


ところで全く話は別ですが、ブログはやはり私には向いていないのでしょうか。
更新の努力と訪問者増の努力を怠り気味で、相当にマメでないとつらいですね(^^;)

そんなこんなですが、明日からまた気分を盛り上げて行きたいところです。
年初めの目標、テンションを上げる。永遠のテーマでしょうか(^^)
カメラを持てばいつもスーパーハイテンションなのですがね!!
 
 

奥能登・里山

能登取材弾三弾はついに待望の奥能登へ!!
でも季節がらやはりテスト撮影です。
本番は春以降がベストシーズンですね。

110306_4417_.jpg 
のと鉄道は廃線区間が多くて残念ですが、やはり能登とローカル線はいい感じを出してくれます。
七尾ー穴水間

110306_4426_.jpg 
今は廃線となったのと鉄道(穴水ー輪島間)・輪島の能登三井駅ですが、駅舎とホームの痕跡もかろうじて残っていました。
バックの能登の光景を前にさびしくもそれでも力強く、その存在を誇示していました。

110306_4425_.jpg 
その能登三井駅・バス駅になっているのでしょうか。
駅内には閉鎖され多という張り紙の部屋があり椅子が見えました。
集会場的でしたが、どうやら喫茶だったらしいです。

110306_4434_.jpg 
輪島の里山・田園風景です。田植え後はその水面のきらびやかな輝きに心を動かされるに違いないと思います。
素晴らしい光景でした。この川は鮭遡上河川だったかな!?

110306_4437_.jpg 
輪島の田んぼの光景です。
輪島と言えば千枚田。素晴らしい光景ですが、私はもっと生活感の出ている田んぼを探してみました。
ここもとても良い場所でした。
もちろん本番は田んぼの季節ですから是非とも再び取材撮影したいです。
輪島の里山・田園風景は最高によかったです。

110306_4481_a.jpg 
最後は能登最北端まで車を走らせてみました。
今回の能登撮影下調べの第三弾ですが、よい収穫となりました。







 
 

ローカル線を里山取材

この日曜と今日(水曜)の二日間、さらに里山取材をしてきました。
これはこの夏から始まる雑誌連載用の撮影取材。
ただ、季節的には中途半端なので場所を見つけることに集中。
新緑から夏にかけては本格撮影をしていきたいところ。

110226_4363_.jpg
日曜日、石川・富山県境集落 おなじみのうさぎの足跡です。


110226_4366_.jpg 
日曜日は多少の降雪で冬らしい里山を表現できました。

110302_4393_.jpg 
日曜午後、それから本日(水曜)と能登方面へ
里山とローカル線で山村集落を表現しようというために場所探しです。
日曜は出向いただけにとどまりましたが、
本日は場所を押さえました。
これも試し撮りで、本番は緑の季節ですね。
ただ、ここの光景にはにローカル線はないので、何枚かの写真で能登を表現したいです。

110302_4397_.jpg 
今日ようやく、能登の田園風景とローカル線を上手く写し込める場所を確定しました。
もちろん本番は緑の季節を狙っているので、今日はあくまでもテスト撮影です。
雑誌で大きく発表出来るときには、感動をお届けできれば良いのですが・・・。

テーマ : 風景写真    ジャンル : 写真
 
<- 03 2011 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
蝶が舞うリースの時計
フリーエリア
BE-PALでは私の特集記事が出ております。
ご訪問ありがとう!
My Name

かもしか谷マスター

Author:かもしか谷マスター
WildLife Photographer
ライチョウから里山のいきもののリアルな生き様を追及してます。
オフィシャルサイトに
「ライチョウの小屋」by もりかつひこ 

フリーエリア
ご感想やお仕事お待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。