カモシカ谷といきものがたり

カモシカ谷といきものがたり

金沢発!いのちの躍動を求めて!

 

サケの成長(こんなになりました)

サケ、自宅ふ化施設にてふ化から早5週間経ちました。

20120119_185908.jpg
目が輝きインパクトがあります。

20120119_203034.jpg
仲良く泳ぐ兄弟。実際であれば無数の群れであろうと思われます。

20120119_202630a.jpg
興味深いのはおなかです。
まだ、栄養タンクの卵のう部分が見えます。
しばらくするとこの部分も小さくなり、おなかもと閉じられるでしょう。いのちの神秘をこんなところでも感じてみました。

_DSC0206.jpg
実際にサケが遡上する大海川。
きっとこのナガレの中でサケの稚魚は泳いでいることでしょう。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村ランキング このバナーポチッとお願い!




テーマ : 水中写真    ジャンル : 写真
 
 

Comments

No title 
目が力強いですね!
この大海川を渡るんですね。
成長が楽しみです!(^^)!
No title 
チビmomoさん、
野生の生き物は目がいのちだと感じます。
生きようとする眼差しに学ぶものがあります。

春になったら放流はこの大海川にしようと考えてます。
No title 
この成長段階での腹部の様子が興味深いです!!
まるでナイフで捌いた時のようですね、肴マニアの自分も知りませんでしたが先の画像との連続性で理解できましたよ!
 大海川なら最高の舞台、もし回帰出来た場合も命を次代に継げる可能性大ですよね。
No title 
着々と大きく育つ様子が楽しみです。
ニジマスの稚魚を見たことがありますが似ていますね。
やはり同じサケ科だからでしょう。

それにしても生き物の子どもはどれも可愛いと実感しました。
No title 
こんばんは。
稚魚の様子は可愛いですね。
卵のうがまだ少し残ってる様子はこんな感じなのですね。見る機会がないので勉強になりました。
これが閉じる頃には自分でえさも食べるのでしょうか。
まだまだ成長が楽しみですね。
No title 
海彦山彦さん、
腹部に関しては私も興味深い発見でした。生き物は奥が深くて面白いです
No title 
キラランクラブさん、
サケ科はよく似ているのでしょうね。
それにしても魚の稚魚にこれほど魅かれるとは自分自身想像しなかったところです。
No title 
S氏さん、
観察するといろいろと発見があり勉強になります。
今はすでに餌を食べる頃となりました。
腹部の名残が無くなるとさらに食欲が増して大きく成長しそうです。

 
<- 05 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
蝶が舞うリースの時計
フリーエリア
BE-PALでは私の特集記事が出ております。
ご訪問ありがとう!
My Name

かもしか谷マスター

Author:かもしか谷マスター
WildLife Photographer
ライチョウから里山のいきもののリアルな生き様を追及してます。
オフィシャルサイトに
「ライチョウの小屋」by もりかつひこ 

フリーエリア
ご感想やお仕事お待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

Archive RSS Login