カモシカ谷といきものがたり

カモシカ谷といきものがたり

金沢発!いのちの躍動を求めて!

 

ヒメネズミ 同定しました。

これまでアカネズミと思われていたものがヒメネズミと判明しました。

巣穴へJump!
ヒメネズミ
 day 2012 0513 / time 20:30 12.37   kamoshika dani - kamoshika taki (top)           by  Mr.Robot


サイズにより同定を行いました。
20120516_140735.jpg
方法は簡単です。
動物の体長というのは体を伸ばした時の頭から尻までの長さ。
そのため、ジャンプした時がいいと判断。
巣穴に向かってJumpする写真を参考に、その場所にものさしを置いてみた。
20120516_140735a.jpg
一目瞭然、体長はほぼ7cm。
この巣の周りでいくつかの個体が写っているが体長の極端な差は見られず、
この巣のネズミの標準的サイズがこの7cm程度と考えられることからヒメネズミと同定しました。

図鑑によると
アカネズミの体長は、 
 8.0~14cm ・ 尻尾は7~13cm
ヒメネズミの体長は、
 6.0~10cm ・ 尻尾は7~11cm


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村ランキング このバナーポチッとお願い!



テーマ : 動物の写真    ジャンル : 写真
 
 

Comments

 
ヒメネズミは夜行性なんですね。
調べたら木にも登ると書いてありました。
いざとなったら木の上に逃げればいいんだ。
ネズミでもいろんな行動が違うんですね~。
 
かもしかさん こんばんは

先日からのネズミちゃん かわいいですねえ i-80
ヒメネズミとは、ピッタリの名前です。
今日のお写真は紅葉の葉っぱのようなちっちゃな足の裏が見えていて
ほんとかわいい!!
私は初めてネズミの足の裏を見ました ^ ^

前回のキセキレイはとっても綺麗です e-267
自然が生み出す物や生き物の美しさにかなう物はないですね。

それが危機にさらされているという現実に心が痛みます。



 
ヒメネズミ可愛らしい姿ですね。
アカネズミとそれほど変わらない大きさみたいなので識別は難しいのですね。
一生懸命に生きる小さな命は感動です。
 
ベストショットの動物撮影、順調ですね。
ネズミなど見かけても、じっくり観察することができないので
こうして撮影いただいた姿に見とれてしまいます。
体長測定の方法も「なるほど」と感心しました。
ムササビなどのような飛翔動物はいませんか。
かつて飛ぶ影を見かけたことがあるので
もし住んでいるようでしたら画像を期待したいところです。
チビmomoさんこんばんは 
ヒメネズミは細い枝につかまるのも上手らしいです。
地面の枝をつかんで歩く様子も写ってました。
*KA*さんこんばんは 
ネズミもこんなに小さいとかわいいものです。
そして足にも可愛さを感じます。

豊かな森ですが、石を投げたら工事現場に届く距離です(><)
ネズミのような小型のけもの類はいいのですが、カモシカなどの大型のけもの類にとってはなわばりの寸断、移動の妨げといった生息状況に深く影響する状況です。
まあここだけの問題ではないのでしょうが、、、
S氏さんこんばんは 
当初、同定は困難でとりあえずアカネズミとしていたのですが、
どうもこれは小さいぞ!との思いから身体測定した次第です(^^)
都合のいい写真があったので簡単に判明しました。

いかに人が撮ると動きのないカットになるかというのがわかります。
逆に言うと動物は常に動き回っていて、Robot はその瞬間をなんの意図もなく切り取る。
ために感動が生まれるのだと思います。
私もいつも感動しています。
kiraran Clubさんこんばんは 
いまだにMr.Robot に不備があり未解決部分があります。
そのためにベストショットには及ばず、連日稼働となってます。
いまのシステムでは広角レンズしか使えずちいさな生き物撮影は苦手です。
せめて標準~中望遠レンズでの撮影をしたいので数日中には何とかしたいところです。
もっとも気になる大きな巣穴もあるので、何かいるのか確認もしたいところ。

ムササビ系は、見たとの情報もありますが、私はお目にかかってはいません。でも何がいても不思議ではない豊かな環境です。
こんばんは 
可愛いひめねずみさんの巣穴はそんなところにあるのですね。
木の根っこや草や落ち葉がカモフラージュしてくれていて
素敵なお家なのでしょうね。
きっとそばをわたしたちが通ってもわからないでしょう。
お家を守ってあげたいものです。

ひよっこさんこんばんは 
巣の場所は、滝の源流であるちいさな沢のへり。
Mr.Robot はその沢の中。とはいっても流量は安定的に少なそう。
森の中のわずか数センチの穴は、研究者でないとわからないでしょう。
私の場合は、カモシカ狙いでイタチが現れ。
イタチ狙いでヒメネズミが穴に入る現場を確認。
要するに、一番最初にMr.Robotを設置したのがヒメネズミの巣穴の正面だったけ。
こういうのが偶然の必然なのでしょう。

ちなみにここまでは工事区域ではないのでヒメネズミにとっては安泰です。
 
一貫して命の営みナガレを追い続けた眼差し、嗅覚、、、
Mr.Robotの設置場所も長年の技の集大成によるさりげない必然と感じます!まさに ブログタイトルの「いきものがたり」そのものですね!!

大型哺乳類は目立つので白昼でも毎度の様に出会いますが、小型の哺乳類に遭遇する機会は稀です、こうした生き物の豊富さ=自然の豊かさなんだろうと改めて気付きました!!
海彦山彦さんこんばんは 
あんまり良いこと言われると調子に乗っちゃいますが、
でもまだまだなんです。まずはRobot 格納容器2号を今から制作です。
(冠水しても放射能漏れません(^^))

完成すればトリミングに頼らずに、もう少し撮影時にズームイン出来ます。
こんばんは〜☆ 
ヒメちゃん、ぴょ〜んてジャンプしている姿が
とってもキュートですね♡
私が以前出会った子は、たぶん子供だと思うのですが
ヒメちゃん、大人になっても可愛いですね^^
この子たちのお家、ずーっと安泰であって欲しいです。
ぴよこ さんこんばんは 
私自身ここまでネズミに愛着を感じるとは思っていなかったです。
いずれはもう少しアップで紹介出来ると思います。

この巣の付近は工事区域外なので安泰です。

 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
蝶が舞うリースの時計
フリーエリア
BE-PALでは私の特集記事が出ております。
ご訪問ありがとう!
My Name

かもしか谷マスター

Author:かもしか谷マスター
WildLife Photographer
ライチョウから里山のいきもののリアルな生き様を追及してます。

#ウェルスアンバサダー資格保有

フリーエリア
ご感想やお仕事お待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

Archive RSS Login