カモシカ谷といきものがたり

カモシカ谷といきものがたり

金沢発!いのちの躍動を求めて!

 

カモシカ谷は霧の中

7月としての記録的な豪雨を記録した翌日、カモシカ谷は幽玄なたたずまいでした。

20120707_181212.jpg

20120707_180628.jpg

01.jpg

おまけ!↓
カモシカ親子
先日撮った奇跡のショット ISO1600 1/15 よくぞブレなかったものだと。。。(汗)

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村ランキング ポチッとお願いします

テーマ : 自然の写真    ジャンル : 写真
 
 

Comments

 
ご訪問ありがとうございます。
かもしかの写真
すっごーーーーーーーい!!です\(◎o◎)/!
かもしかがカメラ目線じゃないですかっ!
こんな風に 会えることも
こんな風に 撮れることも
すべてが素晴らしいですね。
新聞に載った時、どんなに心躍ったことでしょう。
時間のある時にゆっくり他の写真も
見せていただきますね。
素敵な写真をありがとうございました。
イヴまま♡ さんコメントありがとうございます! 
ご訪問ありがとうございます。
これは写真家生命をかけて撮らせていただきました。
暗いからブレちゃったでは自分自身許されず、、、
写真は自分との闘いなので、掲載していただけた写真に心躍るというよりは、ホッ!と安堵するのが本音ですかね。
モヤがかかって 
カモシカ谷は、モヤがかかって太古の森って感じですね。
(太古の森を知りませんけど)
カモシカの親子。すばらしい!!
どれくらいの距離から撮影されたのですか?
タカダカズヤさんありがとうございます 
この写真のあたりは夕刻や雨に日は本当に暗くて、ほとんどの人は不気味なだけだとしか感じないでしょう。
そこに霧がかかりさらにアヤシゲに・・・
ただ、その光景は脈々と受け継がれる営みそのものと感じました。

カモシカですが、野生動物相手にしてはかなり近いと思います。
10数メートルほど?でしょうか。
大木やブッシュが干渉抑制になったと思います。
おかげで3分近く撮影(見込みは数秒勝負)出来ました。
 
すご~い!
さすが写真家さんだ。
この木の写し方、神ですね!
魚眼じゃないですよね。
広角ってやつですか?
森に包まれているようです。
しばし見惚れてしまいました。
ほんとに大感動ですよ。
あ~あ、すごいな。
チビmomoさんありがとうございます 
カモシカ谷のイワナになった気分で魚眼レンズ!
なんてわけではないのですが、
この場所は魚眼しかないと思い撮りました。
ムーミン谷ではないですが、妖精がすむいのちの谷をイメージしました。
 
こんばんは。
とても雰囲気のある写真ですね。
私もフィッシュアイ使ってみたいのですが、自分では使いこなせそうもないのでいまだに手が出ません。^^;
フィッシュアイよりは使いやすそうに思えたので買ってみた超広角もイマイチ使えていませんね。(笑)
かもしかさんみたいにツボにはまった使い方のできる人がうらやましいです。^^
S氏さんありがとうございます 
超広角も魚眼もわかりやすい主役を設定してアップなどで明確にすると失敗しにくいです。
魚眼は楽しいですし、S氏さんならきっと使いこなせると思っています。
 
カモシカの親子、すばらしいですね。シマウマやインパラの親子を撮るのは比較的簡単ですが、見通しの悪い所に住む動物は会うだけでも難しいですからね!
T.F.さんありがとうございます 
カモシカ親子は昨年あたりからの夢だったので、厳しい状況で撮れたのは嬉しくもホッとしました。
幸いに、私のフィールドはカモシカが多く、さらにすぐに逃げない習性が撮りやすくありがたい要因です。
あとは無人撮影をレベルアップしたいところです。
立ち込める霧 
立ち込める霧、地面に落ちては山を削り、霧や雨となって周囲の空気を洗いつつ、有り余るばかりの水が実体化した豊かな光景ですね!!

先日「水墨美術館」を訪れ、風景の中の「いきもの」が描き出された作品に惹かれる自分に気が付きました、前回「カモシカ親子」を拝見し「コレだ!」と心動いた何かの断片に漸く辿りつきました、、、

かもしかさんが切り取った「墨絵的」世界を密かに楽しみにしております。
海彦山彦さんありがとうございます 
車を路駐するあたりがいちばん暗くてパッとしない。
しかし歩いてみると一番写真的に面白かったりする。
単なるメンテの通り道だけど時々発見があって面白いところです。

 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
蝶が舞うリースの時計
フリーエリア
BE-PALでは私の特集記事が出ております。
ご訪問ありがとう!
My Name

かもしか谷マスター

Author:かもしか谷マスター
WildLife Photographer
ライチョウから里山のいきもののリアルな生き様を追及してます。

#ウェルスアンバサダー資格保有

フリーエリア
ご感想やお仕事お待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

Archive RSS Login