カモシカ谷といきものがたり

カモシカ谷といきものがたり

金沢発!いのちの躍動を求めて!

 

カモシカ谷のトンボ

カモシカ谷の埋め立て場のトンボと
薄暗い谷底の湿地に産卵するトンボを対比的に撮影。

トンボ14_114318
こちらは造成地に結果的に出来た池での撮影。

トンボ2_814_121116
こちらは人が入らない原生林のトンボの産卵。

見た目で言えば、造成地は明るい環境で撮れる写真も気持ちいいです。

我々も日々直面する問題に対して何が大切か、
何がベターかという判断を無意識に迫られますが、
ちょっとしたまやかしに流されてはいないでしょか、、、

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
よろしければ一日一回ポチッとお願いします!

テーマ : 昆虫の写真    ジャンル : 写真
 
 

Comments

 
こんばんは。

そうですね・・・
私はついつい楽な方に流されている気がします。
大事なものをしっかり見る心を持ちたいですよ。
こんばんは☆ 
私は2枚目のオニヤンマの方に魅かれますね。。
この夏、原生林に棲むムカシトンボを探しましたが
見つけられませんでした(T_T)
チビmomoさんおはようございます 
伐採も小奇麗でいいじゃないって感覚も普通だと思うんです。
でもその感覚が今の時代につながっている。
肝心なのは綺麗かどうかでなく、大切なものが犠牲になっているってこと。。。ですかね。
ぴよこさんおはようございます 
世の中の多くのひとが、オニヤンマの原生林の方の写真に心が動くようだと、無謀な開発は減ると思うんです。
小奇麗な見た目なのか、いのちを感じるかの違いですかね。
今回は意地悪な選択なんですがね。
 
オニヤンマに会わなくなって
10年以上になるかしら。
もう会えないかなあ。

産卵の姿なんて
めったに見ることができませんね。
うれしい姿ですi-237
 
こんばんは。
オニヤンマの産卵は見たことがありますが、昔ほど見かけなくなったような。…
そういえば、シオカラトンボもあまりみてないです。
トンボそのものが昔ほどいないような気がしますね。

ひよっこさんありがとうございます 
オニヤンマみませんか?
こちらの環境はいいのですね。
そう思うとなおさら、今の環境を保つことの重要性を実感します。
S氏さんありがとうございます 
シオカラトンボもあまり見ないですか。
こちらではよく見るのに、、、
やはり全国的にも減っているということでしょうか。

ただ、今なら逆戻り出来るターニングポイントかもしれません。
もっともっと里の重要性を人間は認識し、逆戻り出来る「今」に気付く時。
 
渓流釣りの「川虫採取」で大きなヤゴも時折入りますが「オニヤンマ」でしょうか、、、
水辺はやはり「命の揺り籠」谷底のトンボに惹かれます!!
海彦山彦さんありがとうございます 
川でもない単なる湿地、それもたまたま地面が潤っているような場所での産卵は、その先を心配します。
しかし、だからこそ多数の産卵で、淘汰されるんでしょう。
いずれにしても豊かなところですね。

 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
蝶が舞うリースの時計
フリーエリア
BE-PALでは私の特集記事が出ております。
ご訪問ありがとう!
My Name

かもしか谷マスター

Author:かもしか谷マスター
WildLife Photographer
ライチョウから里山のいきもののリアルな生き様を追及してます。

#ウェルスアンバサダー資格保有

フリーエリア
ご感想やお仕事お待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

Archive RSS Login