カモシカ谷といきものがたり

カモシカ谷といきものがたり

金沢発!いのちの躍動を求めて!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

SATOYAMA JAPAN

どうぶつのくに.netでの連載「SATOYAMA JAPAN」を2カ月ぶりに更新しました。
よろしければご覧ください。


http://www.doubutsu-no-kuni.net/?cat=78

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
よろしければ一日一回ポチッとお願いします!

テーマ : お知らせ    ジャンル : その他
 
 

Comments

 
夏の甲虫と言えばどうしてもカブト、クワガタに意識が向いてしまいますが、身近な環境のサインを見落とし勝ちな日々に気が付きました、、、

そういえば今季はアブラ蝉が少なめだった様な気がする等と急に感じはじめたりしましたよ!!
海彦山彦さんありがとうございます 
昆虫からはいろいろな情報を頂きますね。
ある文献での、里山崩壊が昆虫激減になっているという内容にハッとしました。
哺乳類も昆虫も魚類その他みんな被害被っている現実。

我々の生活の延長。ある部分はしょうがないのかなとも感じてましたが、そんなことは言えない現実なんですね。
こんばんは 
虫さんもおいしいものがあるところを
ほんとうに良く知っていますね。
どこからそんなに集まってきたのと思うぐらいやってきます。
そこで産まれたのではないかしらと思うぐらいです。

多種の虫たちが住める環境は、良い環境なのでしょうね。
ひよっこさんありがとうございます 
昆虫は、これまで一番繁栄してきたいきものとも言われますが、
それが激減している。
人間のエゴによる「だってしょうがないでしょ」的開発が、昆虫を危機に陥らせているように思えます。

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
蝶が舞うリースの時計
フリーエリア
BE-PALでは私の特集記事が出ております。
ご訪問ありがとう!
My Name

かもしか谷マスター

Author:かもしか谷マスター
WildLife Photographer
ライチョウから里山のいきもののリアルな生き様を追及してます。

#ウェルスアンバサダー資格保有

フリーエリア
ご感想やお仕事お待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。