カモシカ谷といきものがたり

カモシカ谷といきものがたり

金沢発!いのちの躍動を求めて!

 

槍ヶ岳

珍しく山岳ショットを出しました。
ライチョウの棲む日本アルプス山岳景観・槍ヶ岳です。
今日はこれでちょっと一息。。

mw001のコピー
日本アルプスとはうまく名付けたもので、まさにヨーロッパアルプス的景観です。


にほんブログ村
よろしければ一日一回ポチッとお願いします!




テーマ : 山の風景    ジャンル : 写真
 
 

Comments

 
ここに上るんですよね。
鎖みたいなものに摑まって登ってる映像を見た事あります。
頂上はとんがってるから狭いんでしょうね。
かもしかさん、登られたんですよね。
すごいな~(^^)
おお、良いですね~ 
これは常念とか蝶あたりからですか?
湧きあがる雲が効いてますね。
初雪かな?
チビmomoさんありがとうございます 
槍ヶ岳はハシゴも鎖もあります。
岩場登山の経験者ならば、槍の登頂はさほど困難なルートでは在りませんが、
初めての時はちょっとおっかなビックリ!でした。
でもさすがにこの積雪期には槍には行って無いのですよ。
テカさんコメントありがとうございます 
テカさん、これはいつだっけな、
11月3日に中房温泉から燕岳へのルートです。
稜線にライチョウいましたよ。こんときは馬鹿だね~
一生懸命に撮って気が付いたらフィルムが入ってない!!
フィルムなし撮影初めてでした。
ただ、最近は老化現象でさらにちょんぼばかりです(^^;)
 
こんばんは。
今まさに、北アはこんな感じの光景ではないでしょうか。
私も年々ただ忙しくなって、登山の回数が減っています。
こんな光景も自分の目で見たいものです。(笑)
素晴らしい景色ありがとうございます。^^
 
すごいですね。
燕岳からですか。私の初北アルプスコースです。
ここの稜線で初めて雷鳥を見たのが運のつき。
見事に、はまってしまいました。

槍はガスって眺望なしでしたが、雷鳥をいっぱい見たのが懐かしいです。
まだ山頂の梯子が1つの時です。

そういえばテカさんは槍への縦走中、SDカードの容量が足りなくて
雷鳥を撮るのが大変でしたね。
 
かもしかさん、こんばんは。
槍ヶ岳が大きく迫力ありますね。
かっこいい山です。
 
かもしかさん、こんばんは。
今日、本屋さんの児童書のコーナーでライチョウ愛情物語を見ました。

買おうかどうか迷って、結局かもしかさんのサイン入りの方がいいかなと思いました。
一冊だけなんですが、送っていただけますか。
このコメント欄を使って、わが家の住所をお教えすればよいのでしょうか。
 
きれいですね
S氏さんありがとうございます 
縦走や尾根登りはしなくなりましたが、
これは20代の時、ライチョウ探しの往復下道、車中泊、日帰り強行軍でした。
今こんなことするとぶっ倒れますが。。
かつぞうさんありがとうございます 
もちろんここから槍には行きませんでしたが。
この時の雪は微妙で、稜線歩きもアイゼン無いと滑りやすく、かといって下手に付けると砂利や石にアイゼンのツメを引っ掛けての事故も心配という状況でした。
燕は昔からライチョウ銀座と言われています。
最近はわからないですが。
かつぞうさんもここを登ったのですね(^^)
たけちPさんありがとうございます 
かつては北アルプスに憧れを感じて人生に影響を受けたものでした。
槍は上高地から上がった時、下から見上げた時の感動は
超強烈です!!
どこから見てもこれだけインパクトが強い山は他にないですね。
RISAさんありがとうございます 
本はそちらの地域にもありましたか。

さてご注文いただく場合ですが、
メールフォームでもOKですし、
非公開にてこちらのコメント欄からでOKです。
お受け取り後にお振り込みと言う段取りとなります。
喜んでサイン(と言うかマークみたいなもの(汗))を入れさせていただきます。
さちやんさんありがとうございます 
日本アルプスはやはり雪をかぶった光景が美しいです。
高みを目指す山歩きの、晴天時の醍醐味でもあります。
 
なんか最近テンプもかっこいいけど画像もかっこいいですね
槍は登ったことないのだなぁ
東北の山はいくらかやったのだけど
遅ればせ、本やっと手に入れました
これヵら読みます
(キョロキョロ?あ・・あった
いつも送信ボタンがないと探してしまいます(^_^;)
Φマンさんありがとうございます 
この槍ヶ岳の写真はなかなかのヒットなために
新記事更新できず(←ウソばっかり、怠慢なだけ)

山岳写真目指したらよかったかな(汗)

さて、素人物語でどこまで伝えられるか不安ですが、
写真だけは宇宙一です。(大きく出たぞ~!)

 
<- 05 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
蝶が舞うリースの時計
フリーエリア
BE-PALでは私の特集記事が出ております。
ご訪問ありがとう!
My Name

かもしか谷マスター

Author:かもしか谷マスター
WildLife Photographer
ライチョウから里山のいきもののリアルな生き様を追及してます。
オフィシャルサイトに
「ライチョウの小屋」by もりかつひこ 

フリーエリア
ご感想やお仕事お待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

Archive RSS Login