カモシカ谷といきものがたり

カモシカ谷といきものがたり

金沢発!いのちの躍動を求めて!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

カモシカ谷の杉

20121104_110706のコピー
この強大な伐採跡。
さぞや300年ものの杉ではと思い年輪を数えたら100年杉でした。
私が持ち帰った伐採丸太も100年
こちらは日当たりが良かったのか巨大な100年もの。
それでもこの大きさは、伐採するのは惜しいなあと感じました。
ここは廃墟的遊歩道跡。
ここを再度整備するつもりか、形だけの整備か。
いずれにしても私と友人以外はほとんどだれも来ないでしょう。


にほんブログ村
ブログ村ランキング参加中、よろしければ一日一回ポチッとお願いします!

テーマ : 山の風景    ジャンル : 写真
 
 

Comments

 
百年の風雪を耐えた大木だったんですね、時間を費やした人の営みと自然の係わりのもっともダイナミックな変わり目を目撃されつつあるのでしょうか?
百年前の「カモシカ谷」に想いを馳せます!!
 
こんばんは。う~ん、人が来ない場所でも道を整備をして、そんでもって人が来るようになってもならなくてもどっちでもいいのでしょうか。
北海道でも新しい道路、特に高速道路なんて一日に数台しか車が来ないのに作ったりして、税金の無駄遣いはもちろん、どんだけ自然破壊するのかって、思います。
かもしかさんはどう思われますか。

ライチョウ愛情物語、そんなに文章を書くのに苦労されたとは知らず、びっくりです。かもしかさんは文章を書くのが得意な方だとばかり思っていましたから。
そして、なかなか自分が思ったとおりの本って出版が難しいものなのですね。
勉強になりました。 
海彦山彦さんありがとうございます 
同じカモシカ谷の同じ100年でも直径50~60センチだったり1m以上だったりと様々なのは勉強になりました。
その100年前、いったいどんなだったでしょう。同じように考えてしまいますね。
RISAさんありがとうございます 
ここはとりあえず「市民憩いの場」として数十年前に整備された場所。
いわば行政サイドの管轄と言うことでしょうか。
集落の伐採も行われていたので、どちらがメインの伐採なのかはわかりません。
里山に関しては伐採と言う手入れがなされてこそ保全が出来るので、問題視しませんが、世の中税金の無駄使いによる公共事業ばかりかもしれませんね。

文章って難しいですね。特に子供向けや物語を創作するのって素人介入の余地なしと実感しました。
だからこそ、絵本作家なる職業があるんですよね。私は遠く及びませんです(汗)
よく知る編集者さんに編集を頼んだのですが、最初からさんざんのダメだし喰らって勉強しながら完成させました。
でも苦労した分完成のよろこびは大きいです。

世の中出版形態は様々ですから、原稿そのまま本にしてもらえる場合もありますし、原稿段階でNO!を突きつけられ、他の出版社をあたってくださいと言われる場合もあります。

でも、出版の夢をぜひとも実現してください。
 
100年ものあいだ生きてきた命。
お話が聞けるなら聞いてみたかったですね。
大先輩なのですものね。

祈りを捧げたいものです。
ひよっこさんありがとうございます 
多分100年前はカモシカは少なかったのでは。
最近のような気がします。
野生動物がやたらと増えてバランスが崩れている。
ただ、猛禽類なんかは近年とても減っているのではと思います。
カモシカ谷に限らず、100年前は調和のとれた自然の営みがあったのでしょう。

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
蝶が舞うリースの時計
フリーエリア
BE-PALでは私の特集記事が出ております。
ご訪問ありがとう!
My Name

かもしか谷マスター

Author:かもしか谷マスター
WildLife Photographer
ライチョウから里山のいきもののリアルな生き様を追及してます。

#ウェルスアンバサダー資格保有

フリーエリア
ご感想やお仕事お待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。