カモシカ谷といきものがたり

カモシカ谷といきものがたり

金沢発!いのちの躍動を求めて!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

連載「SATOYAMA JAPAN」 ~雪に暮らす~ をアップ

ネットでの連載の最新コラムがアップされたので、
また見てください。
ブログからの写真の使いまわしが頻繁に行われてますが、お許しを~↓
どうぶつのくに.net「SATOYAMA JAPAN」
里山の朝

<追記>
予告編 当ブログ新シリーズ発表
写真でしか自己の存在意義を表せないと、悩み多き16才の少年が向かった先は・・・
そこで見たものは子供や高校生・老人たちの日々繰り返される些細な日常。
若き異才な眼力により銀塩に焼き付けた問題作。
いまデジタルリマスターによりあのときが蘇る。
 「ローカルジャパン・国鉄富山港線」 連載全14回、、、ほど。。。?
IMG_0001下奥井z
ご期待しないで(笑)
わざと文言をカッコ良くしただけ。


にほんブログ村
よろしければ一日一回ポチッとお願いします!

テーマ : お知らせ、その他。    ジャンル : その他
 
 

Comments

里山 
先日、読んだ倉本聰さんのコラムで「徴農制」ってのを作ればどうか?
と、おっしゃっていました。1年くらい農家に行って農業をするとの制度
らしいです。面白いアイデアだなと思いました。

年間500万トン以上もの食べられるものが日本では廃棄されている
そうです。化石エネルギーも限りがあります。
雑木林を整備し、荒れた木を切って炭を作り、それを利用する。

ついでに思い出しましたが、日本では焼き鳥を焼いたりするのに備長炭
が重宝されておりますが、あれって輸入してるんですってね。
東南アジアのどこかの山が禿げ山になっているんですね。
山がなくなると、マングローブを伐採してっていうのもどこかで読みました。
紙もそうですよね。木を切りますよね。

・・・・・・

なんだか、まるで関係ない話になってしまいましたが里山という本来なら
生活に身近にあったものが荒れ放題になっている現実。
せめて、炭を自前にして、結果里山改善になり、生態系も豊かになり
自然豊かな我が日本と胸を張れるのではなかろうか?なんて思ったり
ちょっと真面目な事を書こうと思うと、これだ・・・・

やはり、ちゃちゃ入れのお邪魔虫でいこう・・・・orz

そうそう。世界征服!(なんか分かる)
我がイラストで全世界を埋め尽くす!!はっはっはぁ〜〜。
(壊れとるんか?ワシ・・・・)

岩合さん、星野さん・・・・素晴らしい。
神々しくもありますよね。
でも、同じ目線に立ってみる事ができるマスターの里山が
私はスキだ。
タカダカズヤさんありがとうございます 
私は、岩合さん・星野さんと並んで見ていただけることに感謝です!
(おいおい!ソッチと同じ目線って意味でね~だろ~(爆))

スキ!っていうストレート表現の評価は、潜在的に最も望んでいる作家の心情ですかね。とてもうれしいです。
随分以前ですが、書評その他等で稀に格式高い評価をいただくとちょっとだけエラそうな気分に。。
カッコェ~言葉の評価だなとかね。
でも自分の写真に、スキ!っていう言葉がどれだけ作家の心に響くかと言う事を味わせてもらえます。

世界征服。下手すると誤解されかねない言葉。でもそれ作家魂ですね。

私はですね、タカダさんのハートフルワンダーランド(勝手に作ってる?)なイラストが好きですね。
 
マスターさん、こんにちは
小さい頃から動物ドキュメンタリーがやっぱり好きでした。
かもしかや、ライチョウという動物についてはあまり馴染みがなかったので
マスターさんの写真に出会った時とっても新鮮でした。
SATOYAMA JAPANもいろいろ考えながら拝読しました。
また、夜にゆっくりみせていただきたいと思います。
イヴまま♡さんありがとうございます 
撮り手にとってストレートな感想は励みになります。
自分の写真って客観的にどんな存在かがわからないんですよ。
有名無名のランクぐらいは想像ついても、
客観的にどんな表現世界の匂いを放っているか、
それはこういたコメントから感じ取るしかないんです。
どう伝わっているか。
そんな心配しなくても、
マスターカラーは硫酸ぶっかけても溶けることはない!
それほどの個性を発揮したいものです。
 
こんばんは。
こういう雪の風景はよく見かけますが、こんな風に朝日?の色があると、ぐっと違ってきますね。
どうぶつのくにも拝見してきました~。
少年時代のマスターが夢中になった町の生活のお写真、楽しみにしていますよ(^^)
チビmomoさんありがとうございます 
モテない男子が県外遠征で駅周辺で高校生の隠し撮り?
いや隠さず撮ってます。立派なドキュメント(カッコ付けて~)だったもの。
そんな甘酸っぱい粗削りで見たまんまショットですがよろしければご期待ください。

あっ、ギャラリー「SATOYAMA・JAPAN」までいかれたようで、どうもありがとう! お茶も出せずに失礼(笑)

晴れて朝もやがかかった下り坂傾向の日の出前。
条件厳しいですが参考に。
以前、海外撮影での日の出と日の入り前後3分以内に撮影することにこだわった方の写真集を本屋さんで見ましたよ。めっちゃ色が綺麗。
それ以来、そのゴールデンタイムをちょっとだけ意識してます。
里山? 
里山の意味が分かりませんでした。
あまり聞いた事もありませんでした。

写真を見て、記事を読んで
ああ。そうなんだっって。
そういう場所を里山っていうんですね。
日本昔話の風景を思い浮かべました。
そんな場所から昔話も沢山生まれたのかなあ。

で、タヌキの真正面を向いて座ってる写真
見るの初めてかもしれません。
どうしよう。目がしっかり合ってしまってますがw
ホントにタヌキってポコりんなんですね。(^。^)
とっても可愛いっ! 仲間だ。

人間の生活に身近な動物ですよね。
よく昔話にも出てくるし、頭に葉っぱを
乗せてるイメージがあります。

どの写真もじーっと見つめたくなるものばかり。

おおっ!お茶目なマスターの写真も~(^∇^)

ポコちゃんありがとうございます 
そうか、沖縄とこちらでは環境が違うから里山って言葉もないのかな。
日本は広いなあ。

ギャラリー「SATOYAMA・JAPAN」までいかれたようで、どうもありがとう!
昔話の世界ですね、里山は。

タヌキは冬に太るからポコりんになるけど、夏は痩せてしまうんですよ。
それもポコちゃんと同じかい?
タヌキは可愛いんですよ、ほんと。

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
蝶が舞うリースの時計
フリーエリア
BE-PALでは私の特集記事が出ております。
ご訪問ありがとう!
My Name

かもしか谷マスター

Author:かもしか谷マスター
WildLife Photographer
ライチョウから里山のいきもののリアルな生き様を追及してます。

#ウェルスアンバサダー資格保有

フリーエリア
ご感想やお仕事お待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。