カモシカ谷といきものがたり

カモシカ谷といきものがたり

金沢発!いのちの躍動を求めて!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

水路決壊に見まわれた田主さんにお会いできました。

20131027_153150のコピー
水路修復工事に励んでおられました。
しかし、今後の耕作はやめようかとのこと。
かつてはさらに奥まで8枚の田んぼを耕作していたとのこと。
2本あるある水路の流量バランスが悪いため、今度上流部の点検にいくとのことでした。
ご苦労様です。

20130912_110715のコピー
この方でした。
「この前あそこを通ったら、ピカピカピカって光ってびっくり!」なんて言っておられ、
「どうもすみません!」って感じで談笑しました。
「撮るだけか?捕らんのか?」と聞かれ、
「撮るだけです」と言ったのですが、
やっぱり(イノシシ)捕獲してほしそうでしたね。
テーマ : スナップ写真    ジャンル : 写真
 
 

Comments

あの方w 
にお会い出来たのですね。
とても素敵な表情の写真です。
復旧工事、大変そうですね。
お一人でされていたのでしょうか?
本当にご苦労様です。

「イノシシ、とるだけで、とらんのか?」

漢字でしゃべらないと分からない会話ですね。 アハハ


とる! 
とるだけで、とらんのか?
とおるところをとるのです。
ちなみに名前はとうるです。
さらにtoolはカメラです。
愛想つかされとるので、もう・・・・

田主さん・・・・お元気そうですね。
うんんと・・・・ズバリ!77歳で、どや?
カメラ目線になってないですね。
マスターのテクニックかしらん?
 
人との出会い、大切ですね!
自分などこのフィールドをかれこれ30年以上徘徊しておりますが田主さんと話した事は一度も無いです。
ここから更に500m程上の田んぼも数年前まで耕作していた姿を見ていたので常に耕作放棄地の一番奥の田を守ろうとする「気概」に感じ入っておりました。

人の営みと自然の調和の理想型の「防人」の高齢化、限界耕作地の最前線の一コマを複雑な思いで拝読致しました。
ポコちゃん! 
実際には別の言葉だったようにも思いますが、
ブログではこう書きました。

里山は厳しいです。
たいちょー! 
残念!
73でした。

会話しながら撮ると自然な表情になりますね。
海彦山彦さん! 
たまたま話しかけていただいたのです。
やっぱり変なものがあるから気になってたんでしょう。
でも話せてよかったです。

どうぶつのくに.netでは少しだけ詳しく記事にします。

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
蝶が舞うリースの時計
フリーエリア
BE-PALでは私の特集記事が出ております。
ご訪問ありがとう!
My Name

かもしか谷マスター

Author:かもしか谷マスター
WildLife Photographer
ライチョウから里山のいきもののリアルな生き様を追及してます。

#ウェルスアンバサダー資格保有

フリーエリア
ご感想やお仕事お待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。